ABOUT US

日本発のAIテクノロジーで、
ビジネスを、暮らしを、世界を変える。
それが、アイフォーカス・ネットワークの志です。

AIの新規導入をご検討されている会社はもちろん、
既に導入はしているものの
うまく活用できていないお客さまには必ずやお役に立てる、
私たちアイフォーカス・ネットワークとは、そういう会社です。

CEO挨拶

CEO&CTO 伊藤 純一

略 歴

1995年 サン・マイクロシステムズ社入社

2000年 米Dejima社へ移籍

2004年 Sybase社に移籍

2012年 アイフォーカス設立時に参画

2019年 代表取締役就任

私は20年前にのNLP(自然言語解析)の技術と出会い、それ以来「会話AI」の技術一筋に携わってきました。当時は人とコンピューターが音声で会話するというのは夢のような仕組みでしたが、北米のベンチャー企業デジマ社にスカウトされたときに 「この技術が実現できれば、技術者でなくても誰でも使えるコンピューターが実現できる」という可能性を感じてこの世界に入りました。

以来、後にSiriを立ち上げたエンジニアなどとともに分散型人工知能をベースとしたオントロジー型のNLP(自然言語解析)エンジンの設計と開発を行い、大手電気メーカーや自動車メーカー、 研究機関との先行開発プロジェクトを通じて会話AIのノウハウをたくわえました。会話AIは自然言語処理だけでは成り立つものではなく会話文脈や利用者の環境にも依存しながら動作する必要があります。 そのように構築が難しい会話AIのシステムは1品1品作りこんで開発されていたため非常に高価なシステムでした。その共通部分をプラットフォーム化することで会話しながらコンピューターを利用する環境を安価で提供し広く利用できるようにならないか? そのような思いから2012年に当社に創業メンバーとして加わりENOKI(えのき)の前身となる会話AIプラットフォームを開発し商用提供を始めました。

今、時代は当時とは大きく変わりチャットボットやVUI(音声ユーザーインターフェース)など「会話」でコンピューターから情報補引き出したり操作する環境が普通に利用されるようになってきています。 誰でもコンピューターと会話し自由に利用できるような世界は遠くはなくなってきており社会にも人間にも良い変化が訪れると確信しています。会話AIはますます大きいウエイトを占めるものとなり、そこに当社の技術とノウハウで貢献していきます。

CEO & CTO 伊藤 純一

会社概要

会社名
アイフォーカス・ネットワーク株式会社
本社
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 9F(wework内)
代表取締役
伊藤純一
設立
平成24年7月
事業内容
AIプラットフォーム「ENOKI」開発および導入コンサルティング

ACCESS

Tokyo Office

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 9F(wework内)